いま注目を集めるATSとは

女性

採用管理システムはATSとも呼ばれ、人員の応募から採用まで同一システム上で一元管理することができます。Applicant Tracking Systemの略で、直訳すれば応募者追跡システムといったところでしょう。これまでの応募や進捗管理は、担当者が個別のPCで表計算管理をしてきたところが多いのではないでしょうか。採用に至るまでのプロセスには募集、選考、内定という流れがありますが、情報を都度入力して進捗を追うのは多大な労務負担です。さまざまなサービスがあり、システムによってはダッシュボード管理ができたりもしますが、近年では応募者と手軽にコミュニケーションができるサービスもあります。クラウドサーバー上にデータ保存するクラウド型とソフトウェアを購入するオンプレミス型とがありますが、初期費用のかからないクラウド型がやはり人気です。

導入するメリットとは

就職活動

コストをかけてまで採用管理システム=ATSを導入すべき理由は、採用業務を効率化することで多大な企業メリットが得られるからです。単に候補者のリスト化と進捗管理をするだけなら、確かに一担当者が自分のPCで表計算管理すれば済むでしょう。でも少なくとも売り手市場の現在において本当に優秀な人材を獲得したいなら、そのような管理ではあまりに不十分です。優秀な人材は引く手あまたで、もちろん競合他社も狙っていますし、企業側から一方的に「選考」することはできません。面接官は応募者に対し自社の魅力をしっかりアピールし、十分なコミュニケーションを取りながら採用活動をしなければなりません。また他の面接官からの申し送りコメントも必要な情報ですし、実力を見極めるには最適な質問例も必要です。こうした全社的な協力体制があってこそ、自社に優秀な人材を呼び込むことが可能となります。応募データの蓄積と分析、必要な人材を逃さない情報の可視化はもはや必須事項であり、そこに合致するシステムがあってこそ、理想の採用が叶うでしょう。

広告募集中